耳をすませば

語るオタク

【S18】逃げ恥ラグアーゴ

f:id:AO_poke154:20210601122744j:image

 

 

 

はじめに

 

こんにちは、あおです。

5月は星野源さんと新垣結衣さんのというビッグカップルの誕生に目ん玉が飛び出ましたね〜

 

ガッキー;;

でも幸せならOKです。

f:id:AO_poke154:20210602045403j:image

そんな中シーズン18では半年ぶりにポケモン頑張ったので構築を紹介します。

構築名はパーティーに逃げる技を持ったポケモンがいっぱいいたので今話題の逃げ恥から取りました。

 

構築経緯

残飯ラグラージを試したらとても好みな性能だったので使うことにしました。

 

次に化けの皮を残して剣の舞ができたら絶対強いのでミミッキュを入れ、持ち物はステロ込で崩せる範囲が広がるいのちのたまにしました。

 

次にラグラージで相手を寝かせた後の積みエース、サイクルしたあとのお掃除役としてラグラージと相性補完もいいアーゴヨンを採用しました。持ち物はミミッキュがいのちのたまを持っているので脱出パックにしました。

 

次にラグラージ1クッションだと不安なので相性のいいサンダーを採用し、物理を受けて欲しい場面が多かったことからhbにしました。

 

この4体にスカーフヒヒダルマと襷エースバーンを入れて1900まで潜ってましたが、ヒヒダルマがレヒレ絡みに弱く多く泣く泣く解雇、悩んだ末ゴリランダーを採用しました。

 

エースバーンさんは視力に問題があったので眼科を受診してもらった後自宅療養してもらうことにしました。

 

残り1枠でダイマしてエースバーン、サンダーと殴り合えてクッションにもなれる欲張りポケモンを探していたら、ポリゴン2がボックスでこんにちはしていたので採用。パーティーが完成しました。

 

 

コンセプト

 

・柔軟に勝ち筋を追える構築にする(対面、サイクル、積み展開、todなど)

 

個体詳細

アーゴヨン@脱出パック

f:id:AO_poke154:20210602054650j:image

特性:ビーストブースト

性格:臆病

数値:148‐‐93‐179(252)‐94(4)-190(252)

技構成:ヘドロウェーブ / 流星群 / 火炎放射 / 悪だくみ

 

エースバーンより速いのがえらいです。

選出するときは基本初手に出し流星群を撃ち逃げして2サイクル目以降での崩しを狙います。

C+2状態から±0に流星群を打って戻った時にも脱出パックが発動するので、相手がダイマックスを切ったターンに流星群を撃ち逃げし、こちらの後発ダイマックスを通すという動きができたりします。

ダイマ中に相手のランドに威嚇入れられて脱出パック発動した時はアゴが外れました。

脱出パックについての詳しい仕様は気が向いたらこちらを見てみてください。

だっしゅつパック - ポケモンWiki

 

 

ラグラージ@たべのこし

f:id:AO_poke154:20210602054705j:image

特性:激流

性格:呑気

数値:207(252)‐130‐147(188)‐ⅹ‐119(68)-58

技構成:クイックターン / 欠伸 / 守る / ステルスロック

 

調整はテンプレです。

カバルドンと違い高速回復技はありませんがクイックターンがとても優秀で本当に使い勝手が良かったです。後述のゴリランダーとも相性が良く地震を切った弊害は特に感じませんでした。

Sはミラー意識で最遅にしましたが全ラグラージが最遅なので結局のところお祈りゲーになってました。

ウツロイドのためのD振りだったはずが普通にダイソウゲンを打たれてお陀仏することが多く、役に立ったといえばC特化ポリゴン2(C1段階上昇)のダイアタックをしっかり耐えてくれたことです。(この調整で約7割耐える)

クッションなのでよく混乱や凍りになってボロボロでしたが頑張ってくれました。

ありがとう。

 

 

ミミッキュ@いのちのたま

f:id:AO_poke154:20210602054848j:image

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

数値:131(4)‐156(252)‐100‐‐125-148(252)

技構成:ゴーストダイブ / じゃれつく / かげうち / 剣の舞

 

少しでも火力を出してほしいので意地っ張りで採用しました。ほとんどの試合で出していろいろ誤魔化してもらいました。

難点があるとするならじゃれつくが命中90なことと、「剣舞せずにそのままダイマ=皮を残して突破」or「皮を犠牲にして剣舞して突破」の択がよくあることで、相手の裏を一点読みしなければない時があることです。

 

 

サンダー@オボンの実

f:id:AO_poke154:20210602054901j:image

特性:静電気

性格:図太い

数値:197(252)‐150(252)‐146(4)‐110-120

技構成:ボルトチェンジ / 暴風 / 怪電波 / 羽休め

 

いろいろと3割なポケモン。環境が物理に偏重していると感じhbでの採用です。

持ち物はゴツゴツメット厚底ブーツ、3分の1回復木の実などを試しましたが発動する機会の多かったオボンの実に落ち着きました。※正直好みかもしれません。

怪電波は裏の起点を作りやTODの勝ち筋が追えて優秀でした。

TODの相手はポリゴン2がほとんどでしたが、基本的に凍るのは避けられないうえにボルトチェンジは引き先に負荷がかかるので打ちづらかったため勝ち筋が追えるといっても半分くらい負けた気がします。

 

 

ゴリランダー@突撃チョッキ

f:id:AO_poke154:20210602054913j:image

特性:グラスメイカ

性格:意地っ張り

数値:187(92)‐194(252)‐110‐‐111(164)-105

技構成:グラススライダー / 叩き落とす / ドレインパンチ / 蜻蛉返り

 

白いゴリラの代わりに採用した本物のゴリラ。

特殊に対するクッションが欲しかったのでB<Dのチョッキ持ちにしました。

欠伸を防ぐためにラグラージに投げられるレヒレやダイフェアリーで展開されるミストフィールドには後攻クイックターンからゴリランダーを出すことでフィールドを上書きして寝かせることができます。

叩き落とすで相手の型を判別して詰めのルートを考えられるのが優秀でした。

ドレインパンチは2回しか打ちませんでしたが、馬鹿力だったらなという場面も特にありませんでした。

 

 

ポリゴン2@進化のきせき

f:id:AO_poke154:20210602054923j:image

特性:ダウンロード

性格:控え目

数値:191(244)-‐110‐172(252)‐117(12)‐80

技構成:破壊光線 / 冷凍ビーム / サイコショック / 自己再生

 

最後に入ってきた枠でこの構築の地雷枠。

火力特化のHCです。HPに振るだけでそこそこ硬いのでクッションにもなれて殴れてで優秀でした。

構築的に重いウツロイドへの打点としてサイコショックを採用しています。

副産物としてhbドヒドイデをダイサイコで倒したりできました。

 

 

重いポケモン

・ブリザポス…強すぎ

カイリュー…強すぎ

ヒードラン…大草原不可避

 

結果

TN:Serenica  最高/最終2015 109位


f:id:AO_poke154:20210602043413j:image

f:id:AO_poke154:20210602043651j:image

 

さいごに

 

今期はラグラージを久しぶりに使ってあげられて良かったです。

そろそろ構築コロコロマンを卒業して安定的な軸を見つけたい…

ここまで読んでくださりありがとうございました。

何かあればコメントやTwitterのDMにお願いします。

 

あお (@ao_poke24) | Twitter